2017年09月22日

基礎基本はなぜ大切か

このブログではつねづね基礎・基本は大切だというお話をしてきています。その理由をお伝えします。



一例をあげると最近取り上げた三角関数。すでに結構難しい問題をこなしつつある人もなかにはいるかもしれません。


ある人は、難しい難関大学の三角関数の総合問題を解けていたにもかかわらず、なぜかセンターの本番でπ180°でなくて360°にして計算してしまっていたのです。


入試というのは普段しないことをしてしまうものです。つまり普段の練習時に自分がうっかりしやすい場所を「間違える」ことを通して、自分にとってうっかりミスしやすいところを慎重に通り抜けられるように熟知しておくことができます。


入試のための勉強というのは、こういうふうに自分にとっての危険地帯をあらかじめ知っておき、通常速度で通って構わないところと慎重に切り抜けないとミスしがちなところのメリハリを付けられる能力を養うことだといえます。

続きを読む
posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 学習法あれこれ | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

漢文 漢詩の押韻

五言絶句は第一句~第四句のどこが韻をふんでいますか。「たしか第二句と第四句でした。」そうですね。韻をふむことを押韻といいます。


それでは七言絶句ではどうですか。「あと第一句が押韻します。」そうです。第二句と第四句に加えてさらに第一句で韻をふみます。


まとめましょう。

         押 韻(句)

 五言絶句     2,4

 七言絶句   1,2,4

 五言律詩     2,4,6,8

 七言律詩   1,2,4,6,8

となります。付け足しですが、七言律詩の場合は、三句と四句、五句と六句で対句となります。


ラベル:押韻 漢文 漢詩
posted by あまがえる at 19:00| Comment(0) | 国語 | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

化学 イオン交換樹脂の効用

ポリスチレンに濃硫酸を作用すると、スルホ基をもつポリスチレン樹脂が得られます。これで-SO3H(スルホ基)としてH+がイオンとして遊離できるようになります。


そこで、食塩水をこの樹脂に流してやると樹脂のスルホ基 のH+Na+と入れ替わり、-SO3Naとなります。H+Na+へと陽イオン同士で入れ替わったことになります。つまり陽イオンが交換し合えるわけで、こういった樹脂を「陽イオン交換樹脂」と言います。


それに対して-N+R3OHRはアルキル基)の形の官能基をもつポリスチレン樹脂に食塩を流してやると、樹脂のOHClと入れ替わり、-R3N+Clとなります。


つまりOHClへと陰イオン同士が交換し合ったことになります。したがって陰イオンが交換し合えるので「陰イオン交換樹脂」と言います。


イオン交換樹脂は様々なイオンを分別できるため、医薬品の研究開発や調製、各種の工業製品の製造、廃水の浄化などに広く使われています。



PR
化学の良問問題集[化学基礎・化学]
ラベル:化学
posted by あまがえる at 19:00| Comment(0) | 化学 | 更新情報をチェックする