2017年08月09日

漢文 漢詩の押韻

五言絶句は第一句~第四句のどこが韻をふんでいますか。「たしか第二句と第四句でした。」そうですね。韻をふむことを押韻といいます。


それでは七言絶句ではどうですか。「あと第一句が押韻します。」そうです。第二句と第四句に加えてさらに第一句で韻をふみます。


まとめましょう。

         押 韻(句)

 五言絶句     2,4

 七言絶句   1,2,4

 五言律詩     2,4,6,8

 七言律詩   1,2,4,6,8

となります。付け足しですが、七言律詩の場合は、三句と四句、五句と六句で対句となります。


ラベル:押韻 漢文 漢詩
posted by あまがえる at 19:00| Comment(0) | 国語 | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

化学 イオン交換樹脂の効用

ポリスチレンに濃硫酸を作用すると、スルホ基をもつポリスチレン樹脂が得られます。これで-SO3H(スルホ基)としてH+がイオンとして遊離できるようになります。


そこで、食塩水をこの樹脂に流してやると樹脂のスルホ基 のH+Na+と入れ替わり、-SO3Naとなります。H+Na+へと陽イオン同士で入れ替わったことになります。つまり陽イオンが交換し合えるわけで、こういった樹脂を「陽イオン交換樹脂」と言います。


それに対して-N+R3OHRはアルキル基)の形の官能基をもつポリスチレン樹脂に食塩を流してやると、樹脂のOHClと入れ替わり、-R3N+Clとなります。


つまりOHClへと陰イオン同士が交換し合ったことになります。したがって陰イオンが交換し合えるので「陰イオン交換樹脂」と言います。


イオン交換樹脂は様々なイオンを分別できるため、医薬品の研究開発や調製、各種の工業製品の製造、廃水の浄化などに広く使われています。



PR
化学の良問問題集[化学基礎・化学]
ラベル:化学
posted by あまがえる at 19:00| Comment(0) | 化学 | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

受験勉強の感情を制御

入試までの日数が減ってくると気持ちにあせりが生じます。これは誰でも怒ることですが、それまでたどってきた学習の実績の違いでそのあせりの度合いも違ってきます。 


これからしばらくすると、まわりの人たちのなかに、推薦入試やAO入試で結果が出る人がちらほら出始めると、どうしたって自分の気持ちが揺らいでしまいます。これまで平静に波風立てずに学習に打ち込んできた人の中にもさざなみが立ち始めることがあります。


でもよく考えてみてください。これまで落ち着いて学習できていた人は、周りの雑音に戸惑う必要は毛頭ないということを冷静に頭に思い描いてください。


すでにやるべきことはやりつつあるわけでかたちをつくってきているわけですから、何もここに来て実績を積んでいない人のようにあせる必要などありません。


ただし、学習していると、自分の弱いところがよりはっきりしてくるわけですから、「その部分について注意を向けておく」と言うことは必要です。これは「アせり」とは違うことは理解してもらえると思います。


「自分のこと自分のこと」とつぶやきながら学習を淡々とすすめられるように自分の気持ちを制御していきましょう。


むしろまともに勉強できていない人が「どうしよう。どうしよう。」と周りを巻き込もうとしているときがあります。


同じ心理状態に周りの人を巻き込むことで一時の安心を得ようという気持ちがそうさせるのだと思います。周りに迷惑をかけかねません。


いずれにしても「人は人、自分は自分」です。やってこなかった人には必ずつけがまわってきます。どんなにあせったところで時間は元へは戻せません。したがって懸命にやっている自分を見失うことだけはないように周りに流されないようにしましょう。


学習がコンスタントに計画どおりに順調に進んでいれば、そのような雑音は耳に入らない心情となっていくはずです。


posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 受験勉強あれこれ | 更新情報をチェックする