2016年01月31日

日本史 歴史人物を描いた本

歴史上の人物の書物が数多くあります。これらのうちの興味があるものについて読んでみることをお勧めします。

DSCN3521.JPG

これはもちろん読書の面白さもですが、それに加えて歴史の学習のためです。その時代の主要な人物は明らかに時代を変えた人たちです。歴史に登場する事件などがそれに絡んでくることが必定です。


読み物ですから、史実よりは多少味付けされている面があるかもしれませんが、それを差し引いても、歴史に強くなることは間違いありません。


私ごとですが、源頼朝や豊臣秀吉、坂本竜馬などは時代背景などを知る上でも流れを理解する上でも読書に勝るものはありませんでした。


少し時間の余裕があるうちに自分の興味のある人物について読んでみましょう。

posted by あまがえる at 07:00| Comment(0) | 日本史 | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

入試ポイント 漢字は要注意

意味がわからないときは辞書をひいてくださいね。

DSCN3451.JPG

(1)打ち上げは成功するコウサンが大きい。     公算

(2)キソンの方法ではだめだと考える。       既存

(3)カイチュウ電灯をタズサえていらしてください。 懐中 携

(4)行く手をハバむ敵がいる。           阻

(5)イサギヨく負けを認める。           潔

(6)疑問をテイする説明だ。            呈

(7)休日はマンガばかり読んだ。          漫画

(8)オダクした川の水を浄水する。         汚濁

(9)父が弟の行為をサトす。            諭

10)パンが砂糖にオオわれる。           覆


11)今日のカワセ相場を調べる。          為替

12)上司へウヤウヤしい行動をとる。        恭

13)今忙しいのでシバラくあとにしてください。   暫

14)あまりの痛さに顔をユガめる。         歪

15)コウドク者対象のプレゼント          購読

16)この小説には事実とキョコウがある。      虚構

17)大臣が首相からコウテツされる。        更迭

18)思わぬ事故にコンワクする。          困惑

19)シュウチシンを忘れた行い。          羞恥心

20)入り口にセジョウすることを忘れた。      施錠




入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)
posted by あまがえる at 07:00| Comment(0) | 国語 | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

現代社会 若者の選挙権と高齢化

夏の参議院選挙から18歳以上に引き下げられることになりましたね。皆さんの中にも高校生の間に選挙権が得られる人も出てくるわけです。

DSCN3541.JPG

ところで皆さんが40歳代前半になる25年後。この頃になると日本の人口は現在の12千万人からほぼ確実に1億人を割るといわれています。


それも驚きですがそれ以上に驚きなのが高齢者の割合です。その頃の65歳以上の人の人口の割合はどのくらいだと思いますか。「え~と、3割ぐらいかな。」とんでもありません。


25年後の65歳以上の人の割合はなんと50%(予想値)。2人にひとりは65歳以上です。現在でも、選挙の際に各年齢層の人が投票するとしても有権者は高齢者の占める割合が大きくなっていくわけです。


したがって、ただでさえ若者の人口の割合は小さくなっていっているのに、これから先は40歳台以下でみたとしても若年層の投票者の割合も小さくなってしまいます。


残念なことに若い20台の人々の投票率は現状でも低いです。その逆に比較的年齢の高めの人たちが高いといわれています。


若い人たちの意見が反映されにくい政治となっていく可能性が予想されます。既にそうなりつつあるという識者の意見もあります。皆際の世代は制度がそれほど変わらずに投票への無関心が続けば、25年先になってもなかなか世代の声が反映されにくい選挙となってしまいそうです。




posted by あまがえる at 07:00| Comment(0) | 現代社会 | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

二点間の距離を表す式は・・・

座標平面の上で2Ax1y1)とBx2y2)の間の距離ABってどういう式であらわしたらいいですか?

DSCN3405.JPG

「え~と、ABですよね。」座標平面に書くと分かりやすいです。


「そうかそうか。

距離の式.JPG

ですね。」そうそう。それでいいですね。でもこの式ってどうやったら出てくるでしょうか。読んでいる人も考えてみてください。

距離.JPG

図の座標平面上にあるABについてそれぞれx軸、y軸と平行になる線分を引いて交点をCとすると直角三角形ができます。するとほらっ、三平方の定理から

  AB2AC2+BC2 ・・・①

ですね。

ここで、数直線状の2点間A(a)B(b)の距離AB

  AB=|ba|

でしたね。したがってこれを適用して

  AC=|x2x1|BC=|y2y1|

それぞれの式の両辺を2乗して絶対値記号をはずすと

  AC2=(x2x1)2BC2=(y2y1)2

式に代入すると

  AB2(x2x1)2(y2y1)2

AB>0より両辺の平方根をとると

距離の式.JPG 

と導けます。


posted by あまがえる at 07:00| Comment(0) | 数学 | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

○をもらう記述答案の書き方

わかっているつもりで答案を書いたのに△がついたり、場合によっては×がついてしてしまうという人は読んでくださいね。

DSCN3563.JPG

そういうあなたの答案はよくこんなふうになっていませんか。特に文章で答える記述式の答案についてです。


主語がはっきりしない。主語はだれがみても自明だから書かないでもいいと省略している。

不用意な指示語(それなど)を使い、はっきりとどの語を指しているか明確でない。

③①や②以外の部分を簡略に書きすぎている。


以上のことは主観的な記述になっているために、第三者に自分の答案を見てもらうという態度が十分ではありません。採点者はあくまでも客観的に答案を採点します。あなたに対して特別な思い入れなどは一切排除して採点します(名前の部分は伏せて採点するのが普通です)。


したがって、問いに対して明確に答はそれ自身で独立して存在しても、明確な答えとして問いに呼応しており、誰もが納得できるように書かれていないといけません。


上の太字で書かれたことの意味がわかっている人にはなんでもないことが、客観的に物ごとを見ることができないでいる人にとっては、意味が理解できないかもしれません。


そこで噛み砕いて書くとすれば、たとえば小学校高学年の子どもに自分の書いた答えの文を読んでもらうつもりで、丁寧に何が書かれているか理解できるようにするのもひとつです。


小学生は素直に「それって何?」と尋ねてきます。それこそ真理です。わかりにくいとはそういうことです。


同じ内容を本日、姉妹ブログに掲載しました。上の文では理解しにくいということでしたら、そちらの方をお読みください。


posted by あまがえる at 07:00| Comment(0) | 学習法あれこれ | 更新情報をチェックする