2016年05月31日

散歩はおすすめ

何をするにもいい季節です。ところで皆さんが住む隣町には何があるか知っていますか。運動もかねてお友達とてくてく散歩(あるいは散策)をしてみるといいです。広い町でしたら自転車でまわると面白いです。

DSCN3644.JPG

じつは知っているようで知らないことがよくあるものです。いつもは通学のバスの中からしか見たことなかった街でも、歩いてみると意外な発見があります。


先日もこのブログで地図上で行ったことのあるところを探してみようと書きました。今回は逆にぶらぶら散歩してみて面白いものを探してみます。


街が近くにない人は、定期券をもっているなら降りたことのない途中駅で降りてみて、街を散策してみるのもいいでしょう。


何か目的を決めて歩くのも楽しいです。おいしいパン屋さんを探して歩くのもいいでしょう。あてずっぽうに歩いていき、この辺にありそうだという場所にみつけたときは自分の勘だとしてもうれしいものです。もしかしたら店の立地アドバイザーになれるかもしれません。


コンビニにしても最近は雨後のたけのこのようにあちこちにできていますが、以前から繁盛している店はどんなところにあるのか、人がよく出入りそうな店はどんなものが周囲にあるのかと、周囲を観察してみるのも面白いです。


posted by あまがえる at 07:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

月がきれいです

あさっては満月です。受験生のあなたが例えば「ああ、月がきれいだ」と思えたとしたら、あなたは気持ちに余裕が持てていますよ。べつに今回の満月に限りません。


DSCN3564.JPG

部屋に飾ってある花瓶の花が美しいなあと感じてもいいし、かごの中にいる文鳥のくちばしの桜色がきれいだなあと思ってもいいし、中勘助の文章の同じ部分を何度も読みかえしたくなっても同じです


こういう気持ちの余裕こそが物事をそつなく、うまくいかせるポイントではないかと最近考えています。気持ちに余裕がないときは、どうしてもチェックが甘くなりがちです。


みているようでじつは見ていない。落ち着いて翌日見直したら、あらっミスしていたなんてことになりかねません。



「受験生だから。」「今は余裕がないから。」ではすでにその余裕がなくなっています。要注意。むしろ受験生でなくったって、月を見てきれいだなあと思える気持ちが持てる人はいいなあと思っています。

posted by あまがえる at 13:00| Comment(0) | 受験勉強あれこれ | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

学校へ行けない方へ

学期の中間点にさしかかりました。体調や気分はどうですか。夏が近づいています。私は、年をとってから1年があっという間に過ぎていくのを感じています。

DSCN3537.JPG

あなたの一番落ち着ける場所はどこでしょう。自分の部屋という人が多いでしょうか。それとも別の場所でしょうか。友達が来るとどうですか。人と話すと少し元気が出るという方は一緒に外を歩いてみては。


一方、人と会いたくない方には無理にとは言いませんし、こちらから積極的にこうしたほうがいいとかああすべきとかいうつもりはありません。


私自身も年を重ねるうち、自分のことは人から言われるよりも自分で決めるほうがいいや、と思うようになってきました。頑固になってきたのかもしれませんね。


それでもだんだん自分がかたまってきたのは20代後半だったでしょうか。あなたはまだ10代の後半にさしかかったばかりですよね。


自分がなかなか見えてこないかもしれません。それがむしろ普通だし、何もその年頃ならどうしないといけないとかいう雛形があるわけではありません。


私はこのブログで勉強の方法を教えています。勉強は学習するだけで成立しているのではなく、生活の様々な側面と関係を持ちながら成り立っています。


それに加えて周囲の協力なしでは勉強に専念できる人はほとんどいません。それ以外のことをあなたがする代わりに誰か別の家族なり、お金を払ってその代償で誰か別の人がサービス業としてやっているわけです。


自分の居場所を見つける、自分の価値をみいだすということは勉強をしながらでもなかなか難しいように見える場合と、「何だそういうことか」とあっさり見つかる場合の両面があるように思えます。


ちょうど「なんだそうか」と思えるタイミングで見つかることもあります。なんかバイオリズムみたいにそれは波動を伴っているような感じがします。


2016年05月17日

通学中にできること

以前にこのブログで通学中で学習する具体例をいくつか示しました。何か成功しましたか。

DSCN3512.JPG

よく考えてみたら、先ほど全ての受験勉強をまず交通機関の中でできないことだけ省き、残りは全部電車などの中でもできると考えたほうがよいことに気づきました。


できないことって何でしょうか。昔なら紙の辞書を広げながら予習するなどほぼ不可能に近かったですが、今は電子辞書があります。スマホで調べることもできます。


もちろん発音なども知ることできますし。英語などできないことのほうを探すほうが難しいのではと思ってしまうほどです。


数学はどうでしょう。これもスマホを使えば、あちこちに入試問題の解き方などを置いてあります。こちらも電車の中でできることは多そうです。


国語もしかり。そうなると理科の実験や観察ぐらいでしょうか。と書きかけてこれも動画で見れました。


すると何でしょうか。時間がないから勉強できないという言い訳はもはや通用しなくなる時代になってきたようです。


posted by あまがえる at 07:00| Comment(0) | 受験勉強あれこれ | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

数学が本格的になってきます

1の皆さん数学はどうでか、そろそろ高校の数学は油断できないなあと思い始めているのではないでしょうか。

DSCN3502.JPG

特にこれからはじまる二次関数のあたりでは、「場合分け」など中学校ではほとんどしてきていませんから、自分で答える条件を仕分けしないといけないなんて、とはじめは思ったのではないでしょうか。


これこそ高校の数学の本質です。「条件によって答えが違う」。むしろ数学では当たり前のことです。今までの中学校の数学のほうがむしろ特殊だったともいえます。


今年の年の暮れのあたりから数Ⅱに入る学校もあるでしょう。するとまた違う考え方が必要な単元が出てきます。数学が多彩であることがよくわかります。


でもいずれも数Ⅲのための準備に過ぎません。ここでいよいよ微積分が本格的になってきます。これにしてもしばらく難渋しますが、大学で数学を必要とする人にはあの頃は易しかったなあと思えるほどです。


センター試験はこの数Ⅱや数Bまでですが、理系大学を目指す人は二次試験には数Ⅲが必要です。おそらく2年生の終わりにはその数Ⅲまで終わることでしょう。


posted by あまがえる at 13:00| Comment(0) | 数学 | 更新情報をチェックする