2017年04月19日

センター生物 細胞の特徴

植物の細胞にあって動物の細胞にはないものは何ですか?「え~っと、確か細胞壁は植物だけだったな。あとは…。」あとは葉緑体でした。細胞壁は植物体を支えるはたらき、葉緑体は光合成の場でした。植物と動物の細胞をまとめると次のようになります。


     植物細胞     動物細胞

葉緑体   ○        ×

細胞壁   ○        ×

液胞    発達      発達せず

ゴルジ体  発達      発達せず

中心体  シダ・コケのみ   発達


あとの細胞内の小器官のうち、細胞膜、ミトコンドリア、核、小胞体、リボソームなどは共通して存在します。


最近はある種の液胞の働きが少しずつわかってきて、まだ高校の教科書には出ていませんが、細胞内を積極的に片付ける役割などが見つかっています。液胞にはもっと動的な働きがあるんですね。この研究では日本人の研究者が中心的な役割を担っていて、近年のノーベル賞候補者として名前が挙がってきています。


それからユキノシタの葉の裏側を薄くはがして顕微鏡で観察すると、液胞に赤色のアントシアニンという色素がたまっているのを観察できます。ほかの細胞内小器官の機能などもしっかり理解しておきましょう。


細胞の特徴のお話でした。





posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 生物 | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

リスニングのチェック法

リスニングは聞き取れなかったところが間違いにつながるわけですから、すでに単語ごとの発音を覚えているとすれば、まだ英単語同士の音の連なり方に慣れていない個所があるということを意味しています。

DSCN3519.JPG

例えばDid youなどの語が並ぶ時は音が合わさって聞こえます。こういうふうになる表現はいくつもありますが、よく使うものは声に出してその部分を何度も読み、音も何度も聞いて日本語の意味と一緒に理解しておくことです。


あとは点検したのちに、解けるようになったかどうかしばらく後でもう一度その個所を解いてみることです。やはりこれをやったかやらないかは後で違ってきます。

posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 英語 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

高校生の悩み第一位は何だと思いますか。

ちょっと古いデータ(2000年内閣府)ですが、高校生の悩みの第1位は圧倒的に勉強・進学で男子では49.3%、女子では58.4%があげています。


2位は悩みがない(約25%)、3位は就職(約23%)でした。いずれも勉強・進路が圧倒的です。


でも逆の見方をすれば、高校生の勉強・進路以外の悩み事は千差万別だということもわかります。ネットステップではこうしたスカイプで相談だけの利用も可能です。


勉強の段取りを説明して欲しいとか、悩み事をきいてほしいとかも大丈夫です。私で相談に乗ることができれば幸いです。


料金は入会費と相談回数に応じて、ふだんのひと月の回数割り相当です。勉強で悩んでいる人の多くは成績をどうやってあげたらよいかわからないとか、勉強が長続きしないとかが多いと考えられます。


これらはネットステップで相談するのにふさわしいテーマです。わかる方法を相談で見つけて続くようにアドバイスしたりご支援したり、そんな場を提供しています。





2017年04月05日

漢文 漢詩の押韻

五言絶句は第一句~第四句のどこが韻をふんでいますか。「たしか第二句と第四句でした。」そうですね。韻をふむことを押韻といいます。

DSCN3523.JPG

それでは七言絶句ではどうですか。「あと第一句が押韻します。」そうです。第二句と第四句に加えてさらに第一句で韻をふみます。


まとめましょう。

         押 韻(句)

 五言絶句     2,4

 七言絶句   1,2,4

 五言律詩     2,4,6,8

 七言律詩   1,2,4,6,8

となります。付け足しですが、七言律詩の場合は、三句と四句、五句と六句で対句となります。


posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 国語 | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

富を生んだ5つの化学工業

化学の学習進んでますか?化学は、身近な物質や実用的な方面の学習から取り組むと興味が持続しますよ。


無機化学の工業の代表的なものをここに示します。


五酸化二バナジウムを触媒に使った「硫酸製造法」

アンモニア製造の「ハーバー・ボッシュ法」

硝酸製造の「オストワルト法」

ナトリム製造の「ソルベー法(アンモニアソーダ法)」

鉄の製造法


これらは、それらの名称、化学反応、概略の流れ図が書けるようにします。よく出題されるところですので、早めに頭に入れておけば得点源になります。


名前のついている工程は、入手の容易な物質から巧みな反応経路で、付加価値の高い化合物や単体を生み出しています。


つくづく無駄なくよくできた反応経路だなと思えるはずです。先人の智恵に頭が下がります。この手法で巨万の富を築き上げた人もいます。


上であげた炭酸ナトリウムは、医薬品の原料として、それから製造途上でできる塩化アンモニウムは肥料として用います。


硝酸・硫酸は火薬、試薬製造や肥料の原料として使われます。またアンモニアは、肥料や合成樹脂やナイロン繊維の合成に使われます。


これらは過去の歴史ではなく、現在も工業的製法として使われているものです。日々改善が進みいずれも非常に効率の高い方法で製造されています。


鉄の製造では新日鉄住金(株)(先日世界遺産の指定をうけることになった八幡製鉄所はその前身)は、世界有数の鉄の製造拠点で、いまだにここでしか作れない高い技術の必要な鉄を製造しつづけています。


各工程の流れ図は、何度か書いていると必ず書けます。「小さな塾」でも書いてみるように言います。


すると、最初のうち生徒たちは「えぇ~」といいますが、書けるようになって問題が解けると、「何だ、簡単だ。」と言って満足そうに帰っていきます。




posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 化学 | 更新情報をチェックする