2017年05月12日

生物 酵素は生体の触媒

酵素は生体内の化学反応をスムーズに進むように触媒する役割があります。それ自身は反応には使われません。反応を促進させる役割があり繰り返し使われます。


おもにタンパク質で作られており、生き物の体の中の代謝や解毒、生殖・・・など様々な反応や機能に関わっています。


酵素は体の中で働く対象となる物質(基質という)が決まっています。例えばたんぱく質を分解するタンパク質分解酵素(プロテアーゼといいます)は、タンパク質やペプチドにだけ働き、デンプンや脂肪、DNAなどの分解には関わりません。これを酵素の基質特異性といいます。


そして、タンパク質でできているため、ふつうは体温付近の3040℃前後でよくはたらきます。これを最適温度といいます。例外的に温泉などにいる耐熱菌の持つ酵素には100℃で働く酵素をもつものもあります。


もうひとつの性質ははたらくpHが酵素によって決まっていることです。これを最適pHといいます。


胃の中ではたらくペプシンというタンパク質分解酵素はpH2でよくはたらきます。それに対してすい臓から十二指腸に分泌されるトリプシンというタンパク質分解酵素は、pH8付近でよくはたらきます。


つまり酵素がタンパク質でできていることから、熱やpHによって立体構造が変化するために、こういった性質の違いが生じるといえます。


PR
高校これでわかる生物基礎 (高校これでわかる新課程版)
シグマ基本問題集生物基礎 (基本問題集 新課程版)

タグ:酵素 触媒
posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 生物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください