2017年03月28日

志望校が決まったら

新高2、3の皆さんは、大学案内の請求の時期に入っています。その準備ができたら、いよいよ志望大学に向けて気持ちを向けていきましょう。しばらく前までいわゆる赤本が書店に並んでいました。それらには過去問題に対する傾向と対策が詳しく書かれています。今年の後半には取りかかっているはずです。それがすべてではありませんが、ちらりと目を通しておくと参考になるはずです。


センター試験がありますから、過去問題に関してはまだ本格的には取り組めないかもしれませんが、今の時点で傾向を知っておくことは必要でしょう。そのためにも少しずつ解いていきどのくらい解ける状況かつかんでいきます。


場合によってはセンター試験の科目と、同時並行で進めたほうがいい科目もあります。英語や数学、国語などはセンターが終わってからでは十分な時間はありませんから、今の時点でも着々と二次に対応できる基盤となる力をつけていく必要があります。


この3教科については二次の配点が大きい大学を受ける人については記述式を主として、センター試験は形式に慣れる程度にしておくという割合になる人もいるでしょう。


この違いは問題の難易度や志望校と実力との隔たりによって、本当は個別に判断すべきかもしれません。どうしても迷うとき、よい相談相手が見つからないときはネットステップでも相談にのれます。

posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 受験勉強あれこれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください