2017年06月08日

酸化か還元かはこうして知る

ある原子が酸化しているのか還元しているのかわからないときは酸化数を使ってこうして調べます。


ちなみに酸化数が増えると酸化されたことになり、酸化数が減ると還元されたことになります


例えば化学反応式

Zn +H2SO4 → ZnSO4 + H2

においてZnZnSO4がそれぞれ酸化を受けたか還元されたか調べてみます。左辺のZnは単体なので酸化数は0です。右辺のZnSO4中のZnの酸化数は+Ⅱです。したがってZnについては酸化数が増えていますから、「酸化」をうけたことになります。


例題1.次の化学反応式においてFeは酸化されたか、還元されたか答えよう。

2FeCl3 +H2C2O42FeCl2 +2HCl +2CO2

左辺のFeCl3Feの酸化数は+Ⅲです。右辺のFeCl2Feの酸化数は+Ⅱですから、Feは酸化数が減っていますから、「還元」をうけたことになります。


posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 化学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください