2017年05月03日

センター日本史 明治6年の政変

1873年(明治6年)の8月、遣外使節団の留守をあずかる留守政府は、朝鮮へ西郷隆盛を派遣することを決定します。ここでは朝鮮が開国して国交の要求が受け入れなければ、武力を背景に征韓か否かの強硬姿勢をとりうる方針(征韓論)であることを内定しました。


国内の不満を持つ士族たちの目を海外に向けさせるねらいがあったとされています。しかし、同年9月に岩倉具視ら使節団の一行は、海外列強諸国の発展を見てきているため、内政をを優先すべきと征韓論に反対しました10月半ばのことです。参議などの両者は以下のように分けられます。


征韓論の立場:西郷隆盛、板垣退助、江藤新平、後藤象二郎、副島種臣

非征韓論の立場:大久保利通、岩倉具視、伊藤博文、木戸孝允


両者は論戦を行いますが結局その翌日には西郷隆盛の派遣を決めます。しかしその5日後には岩倉具視が太政大臣代行となりその決定を覆し、天皇も西郷の使節派遣不可とする岩倉の提案を受け入れる勅許を出します。


それをみた征韓論の立場の5人の参議は辞表を提出し、受理されます。この一連の政変を明治6年の政変といいます。


posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 日本史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください