2017年05月20日

大学入試対策ノートは易しすぎ?

このブログに来られて、「何だこの程度か」と思われる方もいらっしゃるでしょう。でもよく目を通してほしいことがあります。


じつはこのブログの記事の多くは、超難関と言われる「ある私立高校」の生徒がよくミスをしてきたところを中心に記事にしていることが多いです。


「え~、まさか。こんな簡単なところを・・・。」そうなんです、じつは間違いの多くは記憶違いや理解不足がほとんどです。その多くは基礎力不足。


したがってどこの高校の生徒さんだって、このレベルをきちんとマスターすることが難関大、ひいては超難関大を目指すうえで必須です。


この上のレベルだけが欲しい方は、ほかに優れたブログやホームページがありますからそちらを利用してください。


ましてや理系の方は、大学院進学がごく普通の時代になっています。そのうえで基礎力不足は大学院に進んでから致命的なことになってしまいます。


なぜなら大学院に進学する多くの方が、企業や大学の研究者や開発担当者を目指します。そこで新技術や新薬などを開発する上で、広範な基礎力を持った人が求められます。


あいまいな知識や狭い専門などはあまり役に立ちません。その場はしのげても、長続きしません。研究者だった私の経験から、アイデアが出せない方を多く見てきましたから間違いないと考えます。


話が広がりすぎましたが、何もこのブログは学習がわからない基礎力不足の高校生を助けるだけの、ごく基本的なレベルをサポートするだけの場ではありません。


むしろ、最難関を目指す方は、このブログでここがポイントだなと理解していただいていることでしょう。


入試で差がつくのはこうした確固とした基礎力です。応用のところでは差はほとんどつきません。(これも実際に採点を経験してきたので、お伝えできることです。)



取りこぼしの方がはるかにこわいです。そこのところをご理解いただきたいと思います。
タグ:最難関大学
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください