2017年03月30日

センター国語 解く手順

これを読んでくださった方にぜひ試してほしいことがあります。


センター試験の国語は、例年、つぎの4つの大問からなります。


第1問 論説文

第2問 小説文

3問 古文

4問 漢文


この4問で各々50点の配点です。現代文と比較して、古文・漢文の配点が大きいのが特徴です。


すなわち、センター対策のしやすい、つまり完成の容易な漢文・古文から解き始めて、おもむろに小説文、論説文を解くという手順のほうが点数を加点しやすいです。


「小さな塾」で第1問から着手した場合と、第4問、第3問から解き始めた場合とで、同じ人でどのくらい点数がちがうか調べたところ、第4問、第3問から解き始めたほうがほぼ点数が高いことがわかりました。


この人だけでなく、センターが必要な受験生はいずれもその傾向が強く出ます。


この点数の差は平均すると15点ほどでした。これはなかなか大きな差です。なぜならば、内容の勉強ではなく、解く順番を変えただけですから。ちなみにこういった手順の差は、英語の問題でも同様の結果が出ています。


つまり、試験時間のうち、はやいうちに加点しやすいところから確実に点数をとっていくことがなによりも重要であることを示しています。


高校生たちにその点数の違いについて話を聞いたところ、まず点数を確保できるので、落ち着いて解くことができた、冷静さを保つことができて有意義に感じた。などの話をしてくれました。


皆さんも過去問題や現代文について9割を確保したい、さらにこのようにやっていない方はぜひやってみてください。


何も現代文が極端に得意で加点しやすいという人は今のままで構いません。得意で加点しやすいところから解けばよいといいことですから。



PR
解決! センター国語 現代文[改訂第4版]

posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 入試あれこれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください