2017年02月24日

自分なりの試験対策の確立をめざす

早いものであと10日もすれば2月です。学年末試験が近づいてきています。この冬の気候は暖かい日が続いてきたので、1年で一番寒いはずの2月を迎える気分にまだなれていないです。

DSCN3658.JPG

さて、学年末テストについて順調に準備は整いつつありますか。しばらくすると部活動も休みになる学校もあるでしょう。


すると部活動の練習時間分だけ時間を作ることができます。その時間を有効に活用して、学習の終わっていない教科について大急ぎで準備を進めるといいです。


先日以来期末テストについては何度か触れてきました。これまでの経験からどうしたら、できてきたかいま一度振り返り(まだその余裕があるはずなので)、良かった時の試験対策の勉強法を今度も踏襲できるように段取りを進めてみてください。


それには前準備が大事です。試験前日にこうするには、そのさらに前の日は何をして…とさかのぼって計画を立てていくとうまくいきやすいです。


試験対策の段取りができていなくて行き当たりばったりの人はこの際、自分なりの学習の方法を確立できるようにしてみてください。そして確立できたようなら、忘れないようにその方法をノートなどにメモしておくといいです。


そして試験の前になったら必ずそのノートを見て、自分を振り返るようにするといいです。

ラベル:期末試験
posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 試験あれこれ | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

実力テストは入試力

実力テストを実施する学校があります。


実力テストは文字どおりふだんの勉強の進捗具合を知る上で絶好の機会です。したがって前日になってあわてて勉強しても、ほとんど歯が立たないのは中学校のときと同様です。


それよりはむしろ、ほんの少しずつでもよいので、少しだけ時間のできる休みの日の機会を利用して苦手な部分の補強をやっていくと、少しずつですがその成果が見えてきます。


三年生の場合には実力テストのほかにも塾や学校などで業者の模試などをこれから複数回受ける機会があります。


その試験ごとに皆さんの成績結果をコンピュータが分析してくれます。いま現在は志望校の判定よりも、こちらのほうに着目すべきと考えます。


なぜならばこれは結構大事な内容を包含しています。とくに全体の正解率の高かった問題で自分が間違っている個所は要注意です。


基本的なことがらでありながら、何らかの理由で間違っていることが明らかだからです。こういった場所が合否を決めているといっても過言ではありません。


したがってそういう部分からしっかりやり直していきます。その同じ分野の問題を探して解けるようになっているか確認するとなおよいです。


学校に実力テストの場合には、先生が試験の後に問題の説明や講評をしてくださるはずです。その際にしっかり解き方を聞いて自分のものにしていくとよいです。内容が濃い、ポイントを多く含んだやり直す価値のある問題ばかりのはずです。



ラベル:実力テスト
posted by あまがえる at 17:00| Comment(0) | 試験あれこれ | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

センター試験まで1か月

センター試験まで1か月をきりました。すでに1か月しかないと思うのと、まだ1か月あると考えるのとでは、ずいぶん違います。

どう思うかはいずれにしても自由ですが、共通してやることは同じです。20日余りでやれることは1日ひとつで合計20個、それぞれの教科で最もやりたいことを選んだとして1教科2つか3つです。同時に教科数はセンターより少ないですが、2次試験対策もあります。

したがって1日1日がとても大切です。確実に明日やること、あるいはここ数日間で克服したいことを頭に思い浮かべているでしょうか。そしてその何割かでも達成できているでしょうか。この時期であれば5割についてそれができていれば十分です。半分でもセンターレベルで克服できたなら良しとします。

残りは二次試験に向けて解消していけばいいです。その場合も残りの半分。すなわち4分の1がなくなれば十分です。なぜならばここまで受験勉強して残った箇所ですから、自分が最も苦手な部分です。そこを合算して7割5分解消できていけるならば、それは努力の賜物です。そのように考えれば受験勉強は、何も「完成」を目指すものでないことは明確です。完成でないからこそ、大学に行って続きを学習するわけです。

スポーツにしても、学習にしても極めた(究めた)ということはないのかもしれません。ひとつの山を制覇したら、もうその目の前には次の難関が見えていて、「どうする?」と自分に問いかけてきます。そういうものだと理解して淡々とことにあたる、それでいいと考えます。
posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 試験あれこれ | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

中間テストでベストを出すには

すでに中間テスト形式の試験を皆さんは、中学校以来3年以上受けてきたわけです。もうどんな勉強が試験の前に必要かもわかっているのではないかと思います。


おそらくこうすればいいはずと実際に行動に移したひとは1学期でそれなりの成果が出たのではないかと思います。したがって2学期についても1学期にやったことを思い出して同じようにやればよいはずです。


ただし、自己ベストがどうしてもほしいということならば、1学期と同じ事をしただけでは前回と同じか上回ることは難しいかもしれません。なぜなら1回前のテストより上回ろうと思ったら、前回の自分より必ず上回る努力をしないといけないからです。


そこで一工夫。ここがポイントです。前回以上に準備をしっかりやってください。そして試験勉強を少しだけ早めに終わらせてください。これでかなり違うはずです。


早めに終わるように意識して学習します。こうして先手を打っていければ前回とは少し違うはずです。

posted by あまがえる at 20:00| Comment(0) | 試験あれこれ | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

中間テストのための準備

中間テストの準備をしましょう。普段の予習・復習の合間を見て、試験前直前に準備するには時間がかかりそうなことを整理しておいたり、あらかじめ範囲の一覧表を作っておいたりしておくとよいです。


そして試験の当日にしっかり学習したことが発揮できるようにスケジュールを組んで徐々に実戦力をつけていくようにします。


それには教科書やノートに目を通すだけでなく、ワークや問題集を持っていればそれを解いてみて、どこがまだ弱いかはっきりさせることから始めてみましょう。


その弱いところをどのくらい時間をかけたら解けるようになるか把握して、さっそく弱いところをなくしていく作業を始めましょう。


そうして各教科まんべんなく弱いところをなくすことができたら、今度は自分で教科書やワーク、問題集などの基本から標準レベルの問題を解く練習をします。


必ず前日までに試験の教科の試験範囲はひととおり問題演習が何度か終わっている状態までにもっていきます。そうすると自己ベストを出せる可能性が高まります。

posted by あまがえる at 22:00| Comment(0) | 試験あれこれ | 更新情報をチェックする