2017年05月12日

生物 酵素は生体の触媒

酵素は生体内の化学反応をスムーズに進むように触媒する役割があります。それ自身は反応には使われません。反応を促進させる役割があり繰り返し使われます。


おもにタンパク質で作られており、生き物の体の中の代謝や解毒、生殖・・・など様々な反応や機能に関わっています。


酵素は体の中で働く対象となる物質(基質という)が決まっています。例えばたんぱく質を分解するタンパク質分解酵素(プロテアーゼといいます)は、タンパク質やペプチドにだけ働き、デンプンや脂肪、DNAなどの分解には関わりません。これを酵素の基質特異性といいます。


そして、タンパク質でできているため、ふつうは体温付近の3040℃前後でよくはたらきます。これを最適温度といいます。例外的に温泉などにいる耐熱菌の持つ酵素には100℃で働く酵素をもつものもあります。


もうひとつの性質ははたらくpHが酵素によって決まっていることです。これを最適pHといいます。


胃の中ではたらくペプシンというタンパク質分解酵素はpH2でよくはたらきます。それに対してすい臓から十二指腸に分泌されるトリプシンというタンパク質分解酵素は、pH8付近でよくはたらきます。


つまり酵素がタンパク質でできていることから、熱やpHによって立体構造が変化するために、こういった性質の違いが生じるといえます。


PR
高校これでわかる生物基礎 (高校これでわかる新課程版)
シグマ基本問題集生物基礎 (基本問題集 新課程版)

ラベル:酵素 触媒
posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 生物 | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

センター生物 細胞の特徴

植物の細胞にあって動物の細胞にはないものは何ですか?「え~っと、確か細胞壁は植物だけだったな。あとは…。」あとは葉緑体でした。細胞壁は植物体を支えるはたらき、葉緑体は光合成の場でした。植物と動物の細胞をまとめると次のようになります。


     植物細胞     動物細胞

葉緑体   ○        ×

細胞壁   ○        ×

液胞    発達      発達せず

ゴルジ体  発達      発達せず

中心体  シダ・コケのみ   発達


あとの細胞内の小器官のうち、細胞膜、ミトコンドリア、核、小胞体、リボソームなどは共通して存在します。


最近はある種の液胞の働きが少しずつわかってきて、まだ高校の教科書には出ていませんが、細胞内を積極的に片付ける役割などが見つかっています。液胞にはもっと動的な働きがあるんですね。この研究では日本人の研究者が中心的な役割を担っていて、近年のノーベル賞候補者として名前が挙がってきています。


それからユキノシタの葉の裏側を薄くはがして顕微鏡で観察すると、液胞に赤色のアントシアニンという色素がたまっているのを観察できます。ほかの細胞内小器官の機能などもしっかり理解しておきましょう。


細胞の特徴のお話でした。





posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 生物 | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

リスニングのチェック法

リスニングは聞き取れなかったところが間違いにつながるわけですから、すでに単語ごとの発音を覚えているとすれば、まだ英単語同士の音の連なり方に慣れていない個所があるということを意味しています。

DSCN3519.JPG

例えばDid youなどの語が並ぶ時は音が合わさって聞こえます。こういうふうになる表現はいくつもありますが、よく使うものは声に出してその部分を何度も読み、音も何度も聞いて日本語の意味と一緒に理解しておくことです。


あとは点検したのちに、解けるようになったかどうかしばらく後でもう一度その個所を解いてみることです。やはりこれをやったかやらないかは後で違ってきます。

posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 英語 | 更新情報をチェックする