2017年04月03日

富を生んだ5つの化学工業

化学の学習進んでますか?化学は、身近な物質や実用的な方面の学習から取り組むと興味が持続しますよ。


無機化学の工業の代表的なものをここに示します。


五酸化二バナジウムを触媒に使った「硫酸製造法」

アンモニア製造の「ハーバー・ボッシュ法」

硝酸製造の「オストワルト法」

ナトリム製造の「ソルベー法(アンモニアソーダ法)」

鉄の製造法


これらは、それらの名称、化学反応、概略の流れ図が書けるようにします。よく出題されるところですので、早めに頭に入れておけば得点源になります。


名前のついている工程は、入手の容易な物質から巧みな反応経路で、付加価値の高い化合物や単体を生み出しています。


つくづく無駄なくよくできた反応経路だなと思えるはずです。先人の智恵に頭が下がります。この手法で巨万の富を築き上げた人もいます。


上であげた炭酸ナトリウムは、医薬品の原料として、それから製造途上でできる塩化アンモニウムは肥料として用います。


硝酸・硫酸は火薬、試薬製造や肥料の原料として使われます。またアンモニアは、肥料や合成樹脂やナイロン繊維の合成に使われます。


これらは過去の歴史ではなく、現在も工業的製法として使われているものです。日々改善が進みいずれも非常に効率の高い方法で製造されています。


鉄の製造では新日鉄住金(株)(先日世界遺産の指定をうけることになった八幡製鉄所はその前身)は、世界有数の鉄の製造拠点で、いまだにここでしか作れない高い技術の必要な鉄を製造しつづけています。


各工程の流れ図は、何度か書いていると必ず書けます。「小さな塾」でも書いてみるように言います。


すると、最初のうち生徒たちは「えぇ~」といいますが、書けるようになって問題が解けると、「何だ、簡単だ。」と言って満足そうに帰っていきます。




posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 化学 | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

センター国語 解く手順

これを読んでくださった方にぜひ試してほしいことがあります。


センター試験の国語は、例年、つぎの4つの大問からなります。


第1問 論説文

第2問 小説文

3問 古文

4問 漢文


この4問で各々50点の配点です。現代文と比較して、古文・漢文の配点が大きいのが特徴です。


すなわち、センター対策のしやすい、つまり完成の容易な漢文・古文から解き始めて、おもむろに小説文、論説文を解くという手順のほうが点数を加点しやすいです。


「小さな塾」で第1問から着手した場合と、第4問、第3問から解き始めた場合とで、同じ人でどのくらい点数がちがうか調べたところ、第4問、第3問から解き始めたほうがほぼ点数が高いことがわかりました。


この人だけでなく、センターが必要な受験生はいずれもその傾向が強く出ます。


この点数の差は平均すると15点ほどでした。これはなかなか大きな差です。なぜならば、内容の勉強ではなく、解く順番を変えただけですから。ちなみにこういった手順の差は、英語の問題でも同様の結果が出ています。


つまり、試験時間のうち、はやいうちに加点しやすいところから確実に点数をとっていくことがなによりも重要であることを示しています。


高校生たちにその点数の違いについて話を聞いたところ、まず点数を確保できるので、落ち着いて解くことができた、冷静さを保つことができて有意義に感じた。などの話をしてくれました。


皆さんも過去問題や現代文について9割を確保したい、さらにこのようにやっていない方はぜひやってみてください。


何も現代文が極端に得意で加点しやすいという人は今のままで構いません。得意で加点しやすいところから解けばよいといいことですから。



PR
解決! センター国語 現代文[改訂第4版]

posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 入試あれこれ | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

志望校が決まったら

新高2、3の皆さんは、大学案内の請求の時期に入っています。その準備ができたら、いよいよ志望大学に向けて気持ちを向けていきましょう。しばらく前までいわゆる赤本が書店に並んでいました。それらには過去問題に対する傾向と対策が詳しく書かれています。今年の後半には取りかかっているはずです。それがすべてではありませんが、ちらりと目を通しておくと参考になるはずです。


センター試験がありますから、過去問題に関してはまだ本格的には取り組めないかもしれませんが、今の時点で傾向を知っておくことは必要でしょう。そのためにも少しずつ解いていきどのくらい解ける状況かつかんでいきます。


場合によってはセンター試験の科目と、同時並行で進めたほうがいい科目もあります。英語や数学、国語などはセンターが終わってからでは十分な時間はありませんから、今の時点でも着々と二次に対応できる基盤となる力をつけていく必要があります。


この3教科については二次の配点が大きい大学を受ける人については記述式を主として、センター試験は形式に慣れる程度にしておくという割合になる人もいるでしょう。


この違いは問題の難易度や志望校と実力との隔たりによって、本当は個別に判断すべきかもしれません。どうしても迷うとき、よい相談相手が見つからないときはネットステップでも相談にのれます。

posted by あまがえる at 18:00| Comment(0) | 受験勉強あれこれ | 更新情報をチェックする